HDDで残す?それともDVDで残す?

スポンサードリンク
震災の影響で継続される地区が一部あるものの、当初の予定通りアナログ放送は停波となりました。家電量販店ではホントに切羽詰った駆け込み需要もあったようですね。


ウチも液晶テレビを大小1台ずつ購入しましたが、ハードディスクへの録画が可能な機種のみでDVDとして残そうとしたとき、その手段は以前購入したDVDレコーダーのみ。ハードディスクで残せばいいという意見もあるかと思われますが、やっぱりCMカットしたりある程度編集はしたいもの。そうなるとやっぱりDVDレコーダーは今後も活躍しそうです。


新しく増えた地デジ対応テレビでも録画した映画などをいくつか視聴してみましたが、こまごまとスイッチのついた新しいリモコンの操作に慣れるまでには至っていません。当面は慣れたDVDレコーダーでの視聴になりそうです。


アナログテレビ放送が終了 58年の歴史に幕

 7月24日正午、44都道府県でテレビ番組のアナログ放送が一斉に終了し、1953年に始まったアナログ放送が幕を閉じた。東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県は来年3月31日までデジタル移行を延期する。

 NHKでは正午前、天気予報の次に女性アナウンサーがこれまでの視聴への感謝を述べた後、手を振る「どーもくん」とともに「長い間ご覧いただきありがとうございました」という文章が流れ、その後ブルーバックの画面によるアナログ放送終了告知画面に移行した。

 25日午前0時には電波の送信も終了(停波)する。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。