テレビのデジタル化に待った アメリカでも

スポンサードリンク
DVDレコーダー
「アメリカが咳をすると日本は風邪をひく」なんてことが十数年前には言われていました。
現状で風邪をひいてしまっているアメリカ、そこからいくと日本はインフルエンザで寝込んでいる状況でありましょうか。

某国のバカ総理も定額給付金なんて言ってないで地デジチューナー配るくらいの気概がないんなら、地デジ先延ばししたほうがいいのでは?と考えてしまいますな。

とりあえずはアメリカに追随するお国柄、デジタルテレビについてもくっついていっちゃあいかがでしょうか。


オバマ次期米大統領、デジタルTV移行延期を提案

 次期米大統領Barack Obama氏の政権移行チームは米国時間1月8日、議会に対し、期限が迫っているデジタルテレビへの移行を先延ばしすることを提案した。この件にまつわる潜在的な問題に対応するため、議会のさらなる対応が必要だと警告している。

 The Washington Postの報道によると、政権移行チームで共同議長を務めるJohn Podesta氏は、上院通商科学運輸委員会および下院エネルギー商業委員会に宛てた書簡で、「非常に不適切な」移行を支援するために資金を拠出するよう呼びかけているという。

 折りしも、デジタルコンバータを購入するための40ドルのクーポンを国民に提供する13億ドルの資金が底をつき、10万人以上の国民がクーポンの配布を待っている状態だ。関係者は、2月17日に予定されているデジタルTVへの切り替えは大きな混乱を生むだろうと述べている。(後略)
タグ:デジタル化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。