薄型テレビ内蔵型かBlu-rayレコーダーか・・・

スポンサードリンク
Blu-rayレコーダー自体の価格が下落してかなりお手頃感が出てきていることからの消費行動のように見えますね。郊外型の大型電気量販店でもDVDレコーダーとBlu-rayレコーダーの価格帯が、すでに遜色ないくらい接近してきてますから。

でも近頃の流れとしては、薄型の液晶テレビに直接ハードディスクを内蔵してしまうモデルが増えている様子。どうしても薄型テレビと横置きのレコーダーでは設置する際のデザインがマッチしませんからね。

そのうちBlu-rayレコーダーごと直接内蔵した液晶テレビが登場するかも・・・。


Blu-rayのシェアが急上昇、低価格化も進んで本格普及期へ

全国主要量販店の実売データを集計する「BCNランキング」によると、年末商戦前半戦で、Blu-rayレコーダーのシェアが8割目前にまで急拡大したそうです。具体的には12月8〜14日の第2週において78.5%を記録しており、前月と比較して約10%も急増したとのこと。

ちなみに急増した背景として、平均単価が10万円を大きく割り込む9万2300円となったことや、平均7万4200円ほどで販売されている250GBの低価格モデルが非常に多く売れていることが挙げられており、Blu-rayレコーダー全体の39.1%を占めているとしています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111559698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。