時代は”ハイブリッドディスク”?

スポンサードリンク
ハードディスクを選ぶのに気になるのは、やっぱりこれから先もずっと使えるのかということですね。地デジ切り替えに伴って、今まで愛用してきたVHSビデオも捨て値で投げ売りされています。DVDレコーダーもかなり廉価で入手できるようになってきてますし、Blu-rayもまた代替でいずれ・・・なんて考えてしまうと、何を選ぶべきかホントにわからなくなっちゃいますよね。

今回取り上げたハイブリッドディスク。
できればDVDからBlu-ray時代への過渡期に登場したというだけでなく、個人的には息の長い製品になって欲しいところ。やっぱり長く使えるというメリットが安心につながるはずですからね。


DVDとBlu-rayが合体した「ハイブリッドディスク」が登場、どのプレーヤーでも再生可能に

日本経済新聞社の報道によると、テレビ番組制作を手がける共同テレビジョンという会社が、DVDとBlu-rayプレーヤーの両方で使うことができる「ハイブリッドディスク」を開発したそうです。

これは1枚のディスクにDVDとBlu-ray両方の記録層を作るというもので、DVDまたはBlu-rayプレーヤーが自動的にディスクを認識して再生できるとのこと。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。