Blu-rayディスク 買い時はまだ先か?

スポンサードリンク
主要な生産場所の拠点を国内から海外へとシフトしたとき、生産コストが下がり価格に転嫁される・・・このようなことをかなり前に経済の本で読んだ記憶があります。

先日アップした記事ではBlu-rayの買い時はそろそろなのではないかという内容でしたが、数年後にはもっとお手軽になるなんてわかっちゃうと、Blu-rayディスクに伸ばしかけた手を引っ込めてしまいますね。

実際に現行(Blu-ray以前)のDVDレコーダーでもまったく不自由は感じていないというのが現状。買い替えを奮起させる材料としては弱いのかも・・・。地デジにしてもチューナー内蔵のテレビだけじゃなく、チューナー単体の価格がかなりこなれてきています。ひょっとするとビデオでもまだまだいけるのかもなどと考えてしまいました。


記録型Blu-rayドライブが今のDVDドライブ程度まで値下がりする時期が明らかに

電子機器の受託生産や光学ドライブなどを手がけるLITE-ONが、2009年にBlu-rayのコンボドライブ(BD再生専用+記録型DVDドライブ)がパソコン向けのドライブとして主流となる見通しを示したそうです。

これは世界的な景況感の悪化にもかかわらず、Blu-rayの再生専用ドライブやコンボドライブ、記録型ドライブが2007年に70万台出荷されたのに対して、2008年は前半だけで170万台に達したことを受けてのこと。

また、Blu-rayのコンボドライブの価格は2009年に100〜200ドル(約9560〜1万9100円)を推移するとみられていますが、2011年には記録型ドライブが50〜100ドル(約4800〜9560円)を推移すると予測されるとしています。つまり現在の記録型DVDドライブと同水準の価格にまで下がるには、あと3年ほどかかるということなのでしょうか。

なお、PC用ではなくテレビに接続するタイプのBlu-rayプレーヤーはPC用よりも大幅な伸びを見せており、2010年には2200万台に達すると予測されているそうです。


タグ:DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109970933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。