Blu-ray Discレコーダー そろそろ買い時?

スポンサードリンク
定期的に家電量販店を覗いてみるのが趣味のようになってきております。この年末に来て益々Blu-rayが手の届く価格帯になってきているようですね。

気づくといつのまにか次世代機なんて形容がされなくなりました。
地デジへの移行ももうすぐということで、そろそろ真剣に購入を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

番組表が画面上で確認できるなど、慣れるとビデオより格段に録画予約も簡単なDVDレコーダー。早めに手にして扱いに慣れておくのもいいかもしれませんね。

Blu-ray Discレコーダー数量構成比が50%を突破

 デジタルレコーダーにおけるBlu-ray Discレコーダーの数量構成比が11月第1週に50%を超えていることが明らかになった。これはジーエフケーマーケティングサービスジャパン(GfK ジャパン)の調査によるもの。このスピードは、ビデオデッキからDVDレコーダー買い替え期の1.5倍に相当するという。

 Blu-ray Discレコーダーは2007年10月以降、販売台数が急速な伸びを見せていたが、2008年に入り品薄などの要因から、成長スピードが一時的に鈍化。しかし2月に東芝がHD DVDから撤退するとの報道を受け、人気は再度加速した。

 2008年秋には、ソニー、パナソニック、シャープからMPEG-4 AVCによる長時間ハイビジョン記録や、高画質回路を搭載した新モデルが投入。シングルチューナー機で8万円台という値ごろ感あるモデルも登場しており、機能、価格の両面から魅力な商品が出てきたことが数量アップの要因と考えられる。

 平均価格は、6月の時点で11万円台だったが、10月の第3週以降は10万円台で推移している。GfKジャパンでは、年末商戦に向けさらに値ごろ感が強まるとも予想する。(後略)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109604754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。