Blu-rayプレーヤーがもっともっとお手ごろに?

スポンサードリンク
ひとつ前の記事でBlu-rayのDVDプレーヤーの価格帯が10万を切り、お手ごろ感が出てきたとお伝えしましたが、ここのところの景気低迷を受けて1万円台になるなんて話もあるようです。

ソフトを売るためのインフラとしてのハードですが、ハードが普及しないとソフトが売れるという環境が整わないのは自然の利。現段階ではまだ登場していませんが、まだまだBlu-rayプレーヤーの価格帯は下がることでしょう。パソコンも5万円でおつりがくる時代ですからね。

Blu-rayの年末商戦、ちょっと注目してみましょう。


ついにBlu-rayプレーヤーが1万円台半ばまで値下がりか

景気の低迷によってお金がかからずに済む家庭内の娯楽に対する需要が高まることを受けて、Blu-rayプレーヤーが値下がりする可能性があることをアメリカの調査会社「ABI Research」が明らかにしたそうです。

これはBlu-rayがポストDVDとなって利益を生み出すためにはプレーヤーの普及が必要であるためで、休暇シーズンに向けてSamsung製のプレーヤーが150ドル(約1万4800円)〜200ドル(約1万9700円)に値下がりするかもしれないとしています。

残念ながら日本では該当するSamsung製プレーヤーは発売されておらず、最安のプレーヤーはPS3となっていますが、日本でも安価なプレーヤーが登場する可能性はあるのでしょうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。