パイオニア初のBlu-ray Discレコーダーをリリース

スポンサードリンク
少し前のニュースを検索してみますと、パイオニアがDVDから撤退し、松下と提携したというニュースがありました。まぁ、名の通ったメーカーですから、規格競争が決着する様子を見て打って出たというわけではなさそうですが・・・。

ヒットしたニュースでは自社開発ではなくOEMでなんてことも書かれていましたがBDR-WD900とBDR-WD700がパイオニアブランドで発売される第一段と考えていいのでしょうかねぇ。

パイオニアといえば個人的にはかなり前からLDで御世話になったメーカー。まぁ、見ためにもパイオニアのロゴがついているから取り立てて変わらないのでしょうけれど、OEMという形に慣れてないので若干の岩肝を感じてしまいます。


パイオニア、Blu-ray Discレコーダーに参入--KURO LINKに対応

 パイオニアは9月11日、同社初のBlu-ray Discレコーダー「BDR-WD900」(WD900)、「BDR-WD700」(WD700)を10月上旬から発売する。HDD&Blu-ray Discのハイブリッドタイプとなる。価格はオープンだが、店頭想定売価はWD900が28万円前後、WD700が18万前後の見込みだ。

 WD900は1Tバイトの、WD700は500Gバイトのハードディスク(HDD)を搭載。両機はHDD容量以外、同じ仕様となっている。

 搭載チューナーは、地上、BS、110度CSデジタルチューナー×2基、地上アナログチューナー×1基を搭載したダブルチューナータイプで、2番組同時録画が可能。HDDに録画した番組は28分割してインデックス表示する「シーンビュー」機能を備え、録画、再生の両面から使い勝手の良さをサポートする。

 本体には、MPEG-4/H.264トランスコーダーを採用し、ハイビジョン画質のまま通常のハイビジョンモードの録画時間に比べ、約5倍の長時間録画ができる。WD900は最大で約450時間、WD700は約220時間のハイビジョン録画に対応する。

 パイオニア製のプラズマテレビ「KURO」シリーズとの組み合わせにより、テレビ側のリモコンで録画、再生、電源オンなどの操作ができる「KURO LINK」も装備。操作面だけでなく、レコーダー側の画質をKURO用にセッティングするなど、画質面での連携も可能だ。

 本体サイズは、高さ68mm×幅430mm×奥行き347mmのスリムタイプ。電源待機状態から約0.8秒で起動する「クイック起動」モデルとなる。
タグ:blu-ray disc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106434271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。