ブルーレイ危うし?強敵が出現

スポンサードリンク
こんなニュースを読むと、日々技術は進んでいるんだなと思い出させてくれますな。

わたくしごとですが、先日健康診断で約10年ぶりにバリウムを飲みました。その前に飲む発泡剤のせいかもしれませんが、前回よりかなり楽チンだったということが判明。あたくしがボーッと生きている間にどーやら医学も発展しているようでありました。

元記事を読むと、光ディスクへの応用のみならずバイオや環境という分野でも応用が出来る様子。まずは実用化に期待して待ちたいと思います。


Blu-rayに新たな強敵、より大容量の光ディスクを実現する半導体レーザーが登場

浜松ホトニクスは窒化ガリウムをベースに特殊な方法で欠陥の少ない組成を実現したアルミニウムを加えた、窒化アルミガリウムというものを発光層に採用することで、342ナノメートルの半導体レーザーの発振に成功したそうです。

新たな半導体レーザーは実用化すれば生体分子活動を計測することで、病原体汚染監視や有害化学物質の検出なども可能になるほか、レーザプリンタなどを用いた高精細な印刷、光ディスクに対する高密度記録、微細な半導体表面検査など、バイオ、環境、情報、加工などの幅広い分野で応用が期待できるとのこと。

実際にレーザー光を紙に投影したところ。紙に含まれる色素が青色っぽく見えています。なお、レーザー光自体を人の目で視認することはできないそうです。

なお、CD(700MB)が780ナノメートル、DVD(1層4.7GB)が650ナノメートル、そしてBlu-ray(1層25GB)は405ナノメートルの波長の半導体レーザーで情報を読み取っており、波長が短くなるごとに記録容量の大幅な向上が実現していますが、今回登場した342ナノメートルの半導体レーザーの場合、実用化するとどれだけ記録容量の向上が見込めるのでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。